Sound More Fluent and Speak Faster with One Easy Tip~たった一つの方法で流暢に聞こえるようになるスピーキング方法~

Sound More Fluent and Speak Faster with One Easy Tip~たった一つの方法で流暢に聞こえるようになるスピーキング方法~

ネイティブスピーカーの英語を聞いて”なんであんなに早口なんだろう?”や”どうやったらあんなに早く、ナチュラルに話せるんだろう?”と思った事はありませんか?

英語を自然に、ネイティブスピーカーのように話す事はとても難しいと思っていませんか?

英語の勉強をしている方は多いですが、その多くの人はどのように流暢に話には何を学べばいいかわかっていない方も多いのです。

そこで、今日は流暢に聞こえる為にはどんな話し方をすればよいのか、簡単な1つの方法をお伝えします。

 

スピーキングに大切なのは、単語を繋げて発音する事!!

なぜ、ネイティブスピーカーの英語がとても早口に聞こえるのか。それは、単語を前後で繋げて話しているからです!!

1つ1つ丁寧に話していると話すスピードが遅くなってしまう上に、実はネイティブスピーカーには伝わりにくくなってしまうのです。

どのように繋がるのか、例文を確認してみましょう!

For example:
Going to = gonna
I am gonna eat later.
Here are typical examples of connected speech to sound more fluent and speak faster in English.
• want to = wanna
• don’t know = dunno
• what do you = whaduh’ya
• meet you = meetchoo
• Can’t you = canchoo
• Won’t you = wonchoo
• Shouldn’t you = shouldenchoo

この例文以外でも繋がって聞こえる単語は多くあります。

Mysolでは、ネイティブスピーカーに近い喋り方を練習できるレッスンメソッドを持っています。

ご自身の英語のスピーキングを矯正されたい方はMysolまでご連絡ください。

 

お問い合わせ、お申し込みはお気軽にどうぞ!

English Practiceカテゴリの最新記事